忍者ブログ

尼健~30代未経験から始めたビルメンのブログ

兵庫県の宝塚市在住です。 職業は建物管理業(ビルメン)の会社員です。 今までに取得した資格は第一種電気工事士、甲種4類消防設備士、福祉住環境コーディネーター2級、宅地建物取引士、平成30年の9月に第三種電気主任技術者試験を受験予定です。

同期発電機
同期発電機を商用電源に遮断器を介して接続するためには、
同期発電機の電圧の大きさ、周波数及び位相が商用電源のそれらと一致していなければならない。
その他に相回転が一致、電発の波形が等しいといった条件も必要。

同期発電機の商用電源への接続に際しては、これらの条件が一つでも満足されていなければ
遮断器を投入したときに過大な電流が流れることがあり、場合によっては同期発電機が損傷する。

仮に電圧の大きさ、周波数が一致したとしても位相が異なる場合には位相差による電流が生じる。
同期発電機が無負荷のとき、この電流が最大となるのは位相差が180℃であり電位差が倍になる。

同期発電機の電圧の大きさ、周波数及び位相を商用電源のそれらと一致させるには電圧調整装置及び調速装置、を用いて調整する。




拍手[0回]

PR

コメント

コメントを書く