忍者ブログ

尼健~30代未経験から始めたビルメンのブログ

兵庫県の宝塚市在住です。 職業は建物管理業(ビルメン)の会社員です。 今までに取得した資格は第一種電気工事士、甲種4類消防設備士、福祉住環境コーディネーター2級、宅地建物取引士、平成30年の9月に第三種電気主任技術者試験を受験予定です。

  • 平行平型コンデンサ 二つの極板間に一定の直流電圧を加え一方の極板は接地した場合

    平行平型コンデンサ

    二つの極板間に一定の直流電圧を加え一方の極板は接地した場合

    ①極板間の電位V

    極板間に現れる電界は平等電界である。(電極の端部の電界の乱れが無視できる場合電荷は均等に分布する)
    極板間の電界の強さE(V/m)=電圧V÷距離dで一定となる。
    極板間の電位は距離に対して反比例の関係で変化しない。

    ②極板間の電界の強さ

    電極間に生じる電界はコンデンサの端効果(端部で電界が強くなる現象)を無視すると平等電界となる。
    極板間の電界の強さは距離に対して一定である。

    ③極板間の等電位線と電気力線


    極板間の電位は極板に水平方向に対して等しい値となる。
    等電位線は電気力線に直行する。
    極板間の等電位線は極板に対して平行となる。
    極板間の電気力線は極板に対して垂直となる。




    おまけ
    電界の強さE(V/m)=電荷Q÷真空の誘電率ε₀×面積S
    電圧V=電界の強さE×距離d=電荷×距離d÷真空の誘電率ε₀×面積S

    拍手[2回]

    PR
  • サイリスタとGTO(ゲートターンオフサイリスタ)

    サイリスタ

    シリコン制御整流素子は、略してSCRという。
    ゲートに電流を流さなければ、サイリスタは順方向に電圧が加えられていても電流はわずかしか流れずオフ状態に示す。
    電圧を上げると電流が急に増大する。電圧がブレークオーバ電圧に達っするとオン状態に移る。
    オフ状態からオン状態に移ることをターンオン。
    ゲートに順電流を流すと、ブレークオーバ電圧の値はしだいに下がって、ゲート電流が十分大きくなると普通のダイオードの順方向と同一の特性を示す。
    数Aの小型素子から3000A程度の大型素子に至るまでスイッチ用あるいは整流用として広くしようされている。

    GTO(ゲートターンオフサイリスタ)

    GTOの設定製造の重要なポイントは、オン電圧、保持電流などのサイリスタの特性をできるだけ損わないで、ターンオン可能な電流をいかに増加させるかと、
    スイッチング時間の短縮をいかに実現するかという点。
    電源電圧が交流440V以上で、比較的定格出力の大きい装置に使用されている。

    拍手[2回]

  • 直流送電の短所と長所

    直流送電の短所

    ①高電圧、大容量の直流遮断は難しい。


    ②変換装置が必要。


    ③高調波障害対策が必要となる。


    ④受電端に無効電力を供給する調相設備が必要となる。


    ⑤交流送電に比べて初期投資が効果となる。

    直流送電の長所

    ①最大電圧が小さく絶縁が容易で、コロナ損が少ない。


    ②充電電流が流れないので誘電損が発生しない。


    ③分路リアクトルが不要。


    ④異周波数系統の連携ができる。


    ⑤表皮効果を生じないため導体利用率がよく、電圧降下、電力損失が小さい。


    ⑥2条の導体で送電できる。


    ⑦交流の電力系統を分離でき、潮流調整が容易となる。


    ⑧電線路のリアクタンスんいよる電圧降下や、静電容量によるフェランチ効果(電圧上昇)が少ない。

    ⑨送電効率が良く、送電容量を大きくできる。

    拍手[2回]

  • 導体(電線)の電気抵抗
    導体(電線等)の抵抗は材質、形状、温度によって異なる。

    ρ〈ロー)は電流の通しにくさを表す定数で抵抗率という。
    単位はΩ・m(オームメートル)

    σ(シグマ)は電流の通しやすさを表す導電率。
    単位はS/m(ジーメンス毎メートル)

    導電率σ=1÷抵抗率ρ


    導体の抵抗R=抵抗率ρ×導体の長さl÷導体の断面積A
          =導体の長さl÷導電率σ×導体の断面積A


    パーセント導電率σ%=σ÷σs×100
    導体の電流の通しやすさを表す方法として
    導体の導電率σと国際標準軟銅の導電率σs(シグマエス)との比を%で示す。

    なお国際標準軟銅の20℃における導電率σsは58.0×10の6乗〔S/m〕

    拍手[2回]

  • 直流の電気回路の基礎
    電気回路
    電池(電源)のプラス極から流れた電流が、負荷(電球等、負荷抵抗)を通って電池のマイナス極に流れるような道筋を電気回路
    電流
    電気の流れ
    電圧
    電流を流そうとする働き
    抵抗
    電流の流れにくさ
    オームの法則(電流、電圧、抵抗の基本計算式)
    抵抗R=電圧V÷電流I
    電流I=電圧V÷抵抗R
    電圧V=抵抗R×電流I
    電流は電位が高い方から電位が低い方へ流れる。
    端子間には電位差があり電流を流そうとする力の強さ。
    これを起電力という。
    電位、電位差、電圧の記号はV
    起電力の記号はEで表す。
    電池やバッテリーのように電圧を発生し電流を流すものを電源という。

    拍手[1回]